女性用バイアグラ〔ラブグラ〕が大人気|彼には秘密の女子トーク

ラブグラ(女性用バイアグラ)は、ジェネリック医薬品で有名なアジャンタファーマ製のお薬。不感症で悩む女性におすすめします。

女性用バイアグラ〔ラブグラ〕が大人気|彼には秘密の女子トーク

思わず共感!半数以上の女子「アレは演技」という事実

こんにちは。横浜にある会社で事務をしているクミ(仮名・28)です。

突然ですが、皆さんはセックスの時にイッたふり(演技)をしたことはありますか?

女性誌やネットのコラムにも、頻繁に出てくる話題ですよね。
結果、「ある」と回答する方が、どのリサーチでも半数以上を占めています。

では、質問です。
皆さんは、それを改善しようと思ったことはありますか?

イッたふり(演技)をする理由は人それぞれ。
「彼が嬉しそうにするから」という方も多いのかな。
わかるなー。その気持ち。

そんな話を同僚としていたら、通りすがりの先輩が会話に入ってきて「オンナの幸せを知らないなんてかわいそうね」とバッサリ。

先輩曰く、「演技するのがクセになっている人は、そのうち通常のコミュニケーションも演技するようになるよ!恥ずかしがらずに自分か らも歩み寄らなきゃ!」とのこと。
うーん・・・極論な気がしなくもないですが、言わんとしていることもわからなくもないかも。
思わず共感!半数以上の女子「アレは演技」という事実
実は、私もそのことでずっと悩んでいました。
つきあい始めて2年目の彼氏がいるのですが、基本為すがまま。
だいたいイクってどういう感じかわかんない。
(28歳にもなって、それを知らないことがかわいそう!と先輩はいう。がーん。)
彼のことは大好きだし、いつだってラブラブでいたいです。ホントに。
なにより嫌われたくない~!

先輩に泣きついたところ、「じゃあ、試しに飲んでみたら?」と、とっておきの「媚薬」を教えてくれました。

それが、女性用バイアグラ〔ラブグラ〕の存在を私が知り、こっそり彼との行為の改善を測るキッカケとなったのでした。

〔ラブグラ〕って知ってる?ピンクでかわいい錠剤に秘められた効果とは

〔ラブグラ〕って知ってる?ピンクでかわいい錠剤に秘められた効果とは
先輩が教えてくれたその薬は、〔ラブグラ〕
〔バイアグラ〕の有効成分で作られた女性用の薬なんだそうです。

バイアグラっていえば、「媚薬」とか「催淫剤」?・・・っぽいものなのかなぁ?と思ったのだけど、本来は「媚薬」とは別物ものらしい。

「媚薬と呼ばれるものは、性欲を高めるために作られたもの。
エッチな気分になる香水とかサプリとか。ある意味、セクシーなランジェリーとかも気分盛り上げるためには有効ではあるよね。」

「でもこれは、そういう気分を盛り上げる感じのものじゃないから。
性行為で感じやすくするのが〔ラブグラ〕っていう薬。性器周辺に血が回ると敏感になって、感じやすくなるという理屈。わかる?」

そもそも本家〔バイアグラ〕も、血流をよくする薬として開発されて、EDにも効くことが判明したのだとか。
まぁ・・・いろんなところの血流がよくなったってことですよね。
男性に効くのなら、女性にも効くはず!と医薬品業界が言い始めたのかどうかは知りませんが、ちゃんと女性用として発売することができたんだから、医薬品開発のチカラって偉大。

「今は販売されてないんだけど、〔ウーメラ〕っていう女性用バイアグラの先発薬があって、そのジェネリック医薬品が〔ラブグラ〕なのよ。」

ジェネリックってあとから開発された薬だから、元になった薬よりお値段も安く手に入る医薬品のことですよね。

「そう。後発薬だから、同じ効果でも安く手に入るってこと。」

実際にその〔ラブグラ〕を見せてもらったんだけど、ピンク色のけっこう大粒の錠剤。
〔ラブグラ〕って知ってる?ピンクでかわいい錠剤に秘められた効果とは
「海外でしか売ってない薬だから、粒が大きいのよね~。私も飲む時は半分に割ってるよ。クミは小柄だから、4分の1でも効くんじゃない?」
薬って、割って飲めるものなんですか?

「睡眠薬とか鎮痛剤とか・・・割れ目がついてる薬、見たことない?アレって効き目が強すぎる場合、半分にするために割れ目がついてるのよ。
くだものナイフとかカッターでも割れるけど、キレイに割れないからピルカッター使うといいかもね。」

こっそり通販!彼にナイショで〔ラブグラ〕を使ってみた

こっそり通販!彼にナイショで〔ラブグラ〕を使ってみた
先輩の話にすっかり感化され、女性用バイアグラを試してみることにしました。

性に関する通販サイトを利用するのには、ちょっぴり抵抗感がありました。
なんとなく恥ずかしい。そんな気持ちは確かにあります。
将来的には、結婚、出産・・・ということも考えると、カラダのコミュニケーションに不安を抱えたままでいるのも・・・
(今の彼氏と結婚するかどうかは別として。)
 
悩んでいるより行動してみようと思った次第。
 
〔ラブグラ〕は日本では未承認の医薬品なので、海外からお取り寄せします。
※今まで利用したことがなかったので、知らずにいたのですが、日本では未承認の医薬品でも、『薬事法』で定められたルールを守れば、個人輸入が可能なのだそうです。
使用方法は簡単。
1日1回性行為の30分~1時間前に服用すること。

実際飲んでみると、普段とは全然違う感覚にびっくり。
彼がどう思ったかは(ラブグラを飲んだことはナイショ!)聞けませんが、正直苦痛だった挿入にも気持ちの変化が・・・なんだか照れちゃう。
女性用バイアグラというだけあって、〔ラブグラ〕は効果てきめんでした。

服用後は、ちょっぴり火照るかな?という気がしなくもないけど、行為中はまったく気になりませんでしたよ。
(先輩は鼻づまりすることがあるらしいので、副作用は人それぞれ違うみたい。)

きちんと効果を得るためには、お腹が空いている時に飲むほうがいいのだとか。
血行を促進するお薬なので、カラダに浸透させないと意味がないみたい。
こっそり通販!彼にナイショで〔ラブグラ〕を使ってみた
ということは、服用に適しているのは、食後2時間くらいですね。
脂っこい食事や深酒はカラダに残りやすいから、〔ラブグラ〕を服用する場合は、食事を控えめにしたほうがよいと思います。
グレープフルーツは厳禁だそうですよ。果実もジュースもNGです。
逆にお薬の有効成分シルデナフィルクエン酸塩の吸収率が高くなってしまうんですって。
成分が吸収されすぎると、副作用が強くなるおそれがあるので、気をつけてくださいね。

もしかして私が原因だった?不感症・性的興奮障害とは

〔ラブグラ〕を服用してみてよかったことは、カラダが彼を受け入れる準備ができていると実感できたこと。
性的な興奮を促進する媚薬とは違い、成分がカラダに浸透してこそ効果が出る医薬品だと思いました。

お薬で改善されるということは、私の問題?

彼のことは大好きだけど、エッチの時に可愛く思われたいとか、エロいと思われたくないとかそういう感情が不感症につながっているのかも。

近頃は肉食女子と呼ばれる人もたくさんいるけれども、積極的になれない受け身の女子だってたくさんいるはず。
若ければ経験不足で可愛いと思われる要素になりうるけれど、ある程度の年齢を重ねるとそれも困りものですよね。

〔ラブグラ〕の効果効能は「不感症・性的興奮障害の改善」とあります。
もしかして私が原因だった?不感症・性的興奮障害とは
そもそも「不感症」とはどういう症状なのでしょう。 気になったので、調べてみました。
性欲はあるのに行為で快感を得られない、性的刺激に興奮を覚えることがないこと状態を「不感症」と判断するようです。
男性の射精のように、オーガズムに達しているかどうかの明確な反応が女性には乏しいので、明確な定義は難しいのだとか。

原因のほとんどは、経験不足による緊張からくるもの。
うつ病、不安、自尊心が低いなど、人間関係の問題が性的興奮を妨げる。
また日常的なストレスがあるなど、心が疲れている場合も不感症になりやすいとか。
そのため、自己暗示的に不感症と思い込んでいる方も多いようです。

不規則な生活や冷え性、出産、更年期などのカラダの不調も原因になりがち。

パートナーのテクニックのなさが原因の場合もなきにしもあらず、ですが。

心もカラダも健康であるに越したことはないようですね。
いずれにせよ、不感症の改善には、原因究明が不可欠のようです。

この際だから知っておきたい「女性性機能障害(FSD)」のこと

この際だから知っておきたい「女性性機能障害(FSD)」のこと
不感症、性的興奮障害は、「女性性機能障害(FDS)」と呼ばれる症状のひとつです。
※FDS=Female Sexual Dysfunction

セックスをする気になれない。
する気はあってもカラダが反応しない。
しても感じない。
濡れない、痛い、だからしたくない。
マスターベーションはできるけど、パートナーに触れられると拒否感が出る。
結婚はしているけど、セックスレス。

カラダと心の問題で、セックスを拒否するようになる病気が「女性性機能障害(FDS)」です。

主な症状は以下のとおりです。

性嫌悪症

性欲はあっても、性行為自体が嫌で恐怖心をもっている状態。
自慰行為ができても、パートナーと密室で性的な雰囲気になること嫌う。
カラダを触れられることを嫌う場合もありますが、仲良く腕を組んで歩いているカップルでもセックスレス、結婚後セックスレスの未完成婚カップルも「性嫌悪症」の疑いがあります。

性興奮障害

性行為時に、膣が潤わない、行為の途中で膣が痛くなり快感を得られない。
膣潤滑不全、膣の拡張もなくオーガズムも起こらない状態です。
生活上のストレス、うつ病、低い自尊心、不安など、精神的なことが要因になることも多くあります。

オーガズム障害

性行為をしても「イケない」「イカない」状態です。「不感症」と呼ばれるもの。
オーガズムに必要な刺激には個人差があります。
イケなくても性行為自体に満足している場合は、問題はありません。
オーガズムの欠如による欲求不満、性に関することへの嫌悪感、悩みを抱くことなどが「オーガズム障害」と判断される基準になります。

性的疼痛障害

性交痛でセックスできない、痛くてペニスを挿入できない状態をいいます。
前戯の不足、乱暴に扱われるなどすると生じやすくなりますが、ペニスどころか指も挿入できません。
自身のカラダに異物が入ることへの抵抗感が強い女性に多くある症状で、性に関する知識の誤解、極端な知識不足の方が多いのも特徴です。

ワギニスムス

いわゆる「膣けいれん」です。
性交痛への拒否感や性行為自体に恐怖心があると、膣が条件反射的に収縮を起こしてセックスができない状態になります。
以前は、前述の性的疼痛障害に含まれていましたが、昨今では痛みと分けて考えられるようになってきました。
ひとりで悩まず、なにかしらの改善策をうちだす勇気をもちましょう。
これらの症状を改善するためには、まず人が性的存在であることを受け入れるようにすることが大切です。
性的空想、例えば素敵な恋愛映画の鑑賞、ロマンチックな小説や漫画などで性的イメージを豊かにするのも有効な方法です。

性行為時に〔ラブグラ〕などの女性用バイアグラを用いるもの治療のひとつ。
医薬品の注意事項をよく確認して、正しく服用しましょう。
性行為で気持ちよくなることは、罪ではありません。

ただし、パートナーに対する「嫌悪感」は薬などで解消できるものではありません。
不本意なセックスを強いられるのであれば、パートナーとの関係性を見直す必要があります。

ひとりで悩まず、なにかしらの改善策をうちだす勇気をもちましょう。
★